ボトックス注射の効果

今や多くの女性が手軽にキレイになれるといい、プチ整形を行います。



その代表的なのが「ボトックス注射」です。


小顔や気になる表情ジワ、多汗症にも効果があるとされ、それをメスをいれることなく改善できることで人気です。

そもそもボトックス注射とはどんなものなのでしょうか。



ボトックスはたんぱく質の一種でもあるポツリヌス菌から作られた薬で、本来顔面痙攣の治療薬として認可されている医薬品ですが、この注射によって筋肉の動きを一定期間麻痺させていくことで美容効果や多汗症効果が得られるようになり、さまざまな美容医療で取り入れられるようになりました。

主に目尻のシワやエラ張りの解消への効果が期待でき、またワキからでる嫌な臭いのもとである多汗症も緩和することができます。



これはワキ汗の原因である皮下組織のアポクリン腺を麻痺させることで期待の効果が得られるとされています。


メスなども使わないことからダウンタイムのなく、施術時間も10分程度、施術時の痛みや腫れの心配もないので比較的初心者にもお試ししやすいのがボトックス注射です。また、金額も医療機関や施術の場所によって異なりますが、3万円〜15万円程度とされ、手が出しやすい金額であることも人気の要因と言えるでしょう。


もし、「ボトックス注射」に興味がある場合は、いくら手軽なプチ整形だったとしても、しっかりと施術してくれる病院を比較し、アフターケアがある場所や信頼できる病院で選ばれることをおすすめします。